モスクトレーニング11



午前のザイコフスキーのクラス、

最近モスクワに行った人たちがシェアしてくれた呼吸の話が出ました。

自分で積極的に吸って吐いての呼吸をするのではなく、

「肺を開けておいて、動きによって自然に生じる呼吸」をしなさいと言っていました。

例えば、肺を開けている状態で、

腕を頭上に伸ばしたら勝手に吸っているし、

腕を下ろしたら勝手に吐いているだろと。

そーゆうふうに、「動きが呼吸になるようにしなさい」とのことです。

ということで、その呼吸法で、シットアップを100回やれという指示。


何十回かやって、シットアップアップがツラくなってきたところで、

仰向けになって手を頭の方に伸ばし(バンザイの格好)、

その手の指先から動くようにしてシットアップをするようにザイコフスキーに言われました。

実際それをやってみると、

シットアップがスゴく楽にできるようになりました。

そして、そのままひたすらシットアップ。

100回どころじゃなく、いったい何回やったのかわからず。

ひたすらシットアップ。

他の人はその間、同じくシットアップしたり、

スティックを持ってグラウンドでやる何か別ワークを指示されてやっていたり、

レスリングをしていたり。


シットアップがツラいというより、お尻が床にスレて痛くなってきて、

じゃあスクワットで同じことをやれと言われて、ひたすらスクワット。

ただひたすらスクワット。

わざわざロシアに来て、ひたすらシットアップとスクワットをするという贅沢さ(笑)


ずいぶんそれをやったところで、

次は、座った状態で自分の手の上にパートナーの手を置いてもらい、

パートナーに働きかけていくワーク。

やっていると、どうしても迷いが出て、頭で考え出してしまいます。

「反応は人によってそれぞれ違う。

相手が吹っ飛んでいく、というようなイメージをしてはダメだ。

大きく動く人もいるし、そんなに動かない人もいる。

大事なのは、常に自分の手にパワーがある状態にしておくことだ。

パワーという武器を常に持っていることだ」とザイコフスキーは言っていました。

これに関して、

「ただ、相手が全く動かないと焦らないですか?」と自分が聞くと、

「相手が動かないなら危害もないし問題ないじゃないか」と言われました。

まぁなるほど、そうなんですけどね(笑)


夜のザイコフスキーのクラスは、その流れを引き継いでのフリーワーク。

ただし、最初は足から始めなさいと言われ、

パートナーが蹴りにいく、それに対処する、というところから、

段々と拳のプッシュアップやグラブもありなフリーワークへ。

そのままクラスの最後までずっとフリーワークをしていました。

別のことをしている人たちもいましたが。


ご存知、ザイコフスキーに向かっていくとメチャクチャ怖いです。

まるでロックオンされているような感覚で、

あっ、このまま向かっていくと確実にやられるなというのが自分でわかってしまいます。

それでも勇気を持って向かっていくと、やっぱりやられます。

しかも痛いです(笑)


クラスの最後にザイコフスキーに鞭を打ってもらいました。

先に打ってもらっている人がバシバシ何回も強打され、

ものすごいバーストブリージングで、こちらにも痛さが伝わってくる感じで、怖さ倍増。

ただ、肩周りを何回か少し軽めに打たれた後、足を強く打たれましたが、

そこから肺を開けておくという呼吸をしたら、自分で思ったより早く回復できた上に、

ザイコフスキーに「good!」と言われ、それで終了になりました。

日本からインターナショナルセミナーの前乗りで来ているWさんもそうだったとのことで、

適切に早く回復した人は、それ以上は打たないのかなという感じでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Systemamo

Author:Systemamo
佐藤 守
(1986年生まれ)

2012年11月 システマジャパンにてトレーニング開始
2015年11月 Vladimir Vasiliev氏よりIit(Instructor in training)認定
2018年1月 Vladimir Vasiliev氏よりInstructor 認定

『システまも。』では、ロシア武術・格闘技である「システマ」を練習しています。
お問い合わせは systemamo.training@gmail.com へどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる