ヴラッドセミナー2016


いよいよ週末はヴラッドセミナーですね。
ヴラッドは今日、こちらを発つそうです。

東京の人たちには、システマ東京の北川さんが既に予習として
シェアしてくれていると思いますが、今回のセミナーのメインは、
ストライクになるでしょう。

①手首(拳)を使ってのストライク
②肘までを使ってのストライク
③肩までを使ってのストライク

上記の3段階でのストライクの打ち分けを、ここのところ毎回練習しています。

また、

①ストライクをいなし気味に受ける
②ストライクを弾くように受けて、パワーを体の中に入れない
③ストライクを受け入れて体の中に入れるけれど、背骨の方まで届かせず、
入ってきたパワーを体の中で消す

という3つのストライクの受け方もやるかもしれません。

3つ目のやり方ですが、ヴラッドを見ていると、
腹の中にブラックホールがあって、入ってきたストライクのパワーを
吸収して消しているような、そんな不思議な現象に見えます(笑)
ただし、このストライクの受け方に関しては、練習は1度しかやっていないので、
もしかしたらやらないかも?

それから、エスケープはもちろんみっちりやるでしょう。
腕を掴まれた状態からエスケープをしてそのままストライクを打つという
練習をしています。
また、それに付随して、ナイフを持っている相手の腕を、
ナイフを持っている相手がエスケープできないように“捻る”ことで相手を固める
というのをやっているので、それもやるかもしれません。


どうせ数日後にやるでしょうが、少しだけ練習を紹介します。

(1)
プッシュアップの状態から、拳を前方に曲げていく
(五指で体を支えていたのが、人差し指で支える状態になります。
体は前のめりになります)
それから、拳をもとの状態に戻していき、そのまま後方に曲げていく
(今度は、小指で体を支えている状態になります)
この動作を繰り返します。

ストライクの第一段階、手首(拳)を使ってのストライクをするにあたって、
手首(拳)の動きを養う練習ですね。トロントHQの床は柔らかめなのでマシですが、
床が硬い場所でこれをやると拳が痛いかもです。
拳を鍛えられていいかもしれませんが、それがキツく感じる人は
何か拳の下に敷けるものを準備して、やってもいいかもしれませんよ。

(2)
拳の小指側が下に、親指側が上になるようにして、
拳から肘まで腕を床について、四つん這いの状態になります。
そこから肘を前方に浮かせていきます。
そうすると、プッシュアップの状態になります。
続けて肘を後方に引いて、もとの四つん這いの状態に戻ります。
この動作を繰り返します。

ストライクの第二段階、肘までを使ってのストライクをするにあたって、
肘の動き養う練習です。

(3)
スティックを片手で剣を持つように持ちます。
手首だけを使って、スティックを上げ下げします。
続けて、拳から肘までの部分を使って、スティックを上げ下げします。
(ハンマーを使う要領と言えばイメージしやすいですか?)
続けて、拳から肩までの部分を使って、スティックを上げ下げします(振り回します)

ストライクの3段階の打ち分け方法の練習ですが、
セミナーにスティックを持ってくるよう指示がないのであれば、
やらないかもしれません。

(4)
パートナーに手の平を上にしてもらって、手を差し出してもらい、
その手の平に向けて①手首、②肘、③肩からの3段階で拳を振り下ろします。

(3)での練習を、スティックなし、対象物ありで練習するものです。
相手の手の平に拳を当てるとき、拳がフラットに当たるようにします。
フラットに当たっているかどうかは、音で判断できます。
きちんとフラットに当たっていれば、「パンッ」という心地良い音がします。
相手がいなくても、自分の手を使って1人でも練習できますよね。


ということで、セミナーまであと数日ですし、
1人でも出来る予習練習をザックリ紹介しました。


ヴラッドの凄さを感じるのは練習中だけではありません。
練習中以外も、なるべく多くの時間をヴラッドの近くで過ごしてください!!

皆さん、セミナーを大いに楽しんでください!!
ヴラッドは必ず、皆さんの期待に応える、
いや、それ以上のセミナーにしてくれるハズです!!
自分も皆さんのセミナーの感想・気づきのシェアを楽しみにしています!!


ミカエル&ダニール・リャブコ来日セミナー2016

システマ創始者 ミカエル・リャブコ のセミナーが、4月に東京・大阪で開催されます。

東京セミナーの前後には、ミカエル の息子 ダニール・リャブコ の特別クラスも開催されるとのことです。

絶えず進化を続けるシステマ、

その源流、そして進化の最先端に触れることができるまたとない機会です。

皆さん奮ってご参加ください。


セミナーについての詳しい情報はこちら
↓↓
システマ ミカエル・リャブコ 東京セミナー 2016
プロフィール

Systemamo

Author:Systemamo
佐藤 守
(1986年生まれ)

2012年11月 システマジャパンにてトレーニング開始
2015年11月 Vladimir Vasiliev氏よりIit(Instructor in training)認定
2018年1月 Vladimir Vasiliev氏よりInstructor 認定

『システまも。』では、ロシア武術・格闘技である「システマ」を練習しています。
お問い合わせは systemamo.training@gmail.com へどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる